緊急報告 熊本震災医療班活動

 緊急報告 熊本震災医療班活動


 広島西医療センター 統括診療部長/研修管理室長の新甲です。

 このたびの熊本震災で被害を受けられました方々に、心からお見舞いを申し上げます。
 この文章を書いております平成28年5月12日現在も同地方では震度4クラスの活発な地震活動が継続しており、地域の皆様は不安な日々を過ごされておられる事と存じます。

 今回の震災に際し当院も医療機関として寄与すべく活動し、その際の現地の実情を被災地以外の方々にもお伝えできればという気持ちで、現地に派遣された医師に今回の記事を依頼しました。

 記事の前に、災害時の医療活動について簡単に説明致します。
 今回の震災や、平成23年の東日本大震災で「DMAT(ディーマット)」「初動医療班」という名前を耳にされた方も多くおられると思います。

 「DMAT:Disaster Medical Assistance Team(災害時派遣医療チーム)」とは、医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
 要は災害発生直後の外傷他の救命救急などの場で主に必要とされる医療チームです。

 これに対し「初動医療班」(この名称はチームを派遣する組織によって異なる場合もあります)は、おおむね48時間以後が主な活動の場になります。
 具体的には「避難所生活で体調不良になられた方の診療」や「普段から服用している薬を持ち出せなかった高齢者の方への診療」などが代表的な例です。

 これらのチームは「行政機関」や「病院の所属組織(当院であれば国立病院機構)」の依頼・指示の下に組織的な医療活動を行います。

 当院は災害拠点病院でもあり、DMAT:1チーム、初動医療班:2チームが所属しておりますが今回当院のDMATチームには震災発生直後から「広島県庁他での情報収集への協力」が依頼され出動、初動医療班には「国立病院機構本部から現地への出動」が依頼されました。

 今回以下の記事を書いてもらったのは当院「初動医療班第1チームリーダー」の福島先生です。

 現地の実情と医療活動が皆様に多少でも伝われば幸いです。



****************************************


 熊本震災医療班活動


 広島西医療センター泌尿器科の福島です。

 はじめに、熊本震災で被災された皆様、ご家族などの関係者の皆様方に心からお見舞い申し上げます。

e0205769_19314440.jpg この度2016年4月14日、16日に発生した熊本震災に対し、国立病院機構初動医療班として、4月18日〜4月21日の4日間にわたり熊本市内で活動を行ってまいりましたので報告させていただきます。

 4月14日、1度目の地震が起こった時点で招集がかかりましたが、諸々の事情で中止になりました。16日の2度目の地震が起こった際は、確実に再招集がかかると思い、自分なりの準備を進めました。

 私にとって、病院外におけるチームの医療活動というのは人生で初めての経験であり、不安が強いものでした。そのために最低限の目標を設定し、それだけを達成しようと考えておりました。目標として掲げたのは、まず安全に広島に戻ることでした。これが最低限の目標と設定し、その次は自分たちの活動が生活も含め、被災した方々に負担にならないこと、日々の活動を終了後に話し合って次の日の活動に活かせるようにすることなどを設定しました。

e0205769_19343471.jpg 携行用品や物資の確認、私が病院を不在にする間の患者さんの引き継ぎなどをできる限り行って、4月18日午前6時、私・安田副看護師長・古濱副看護師長・下田薬剤師・前田事務の5人を1つのチームとして広島西医療センターを災害出動用の病院公用車(四駆のワンボックス車)で出発しました。途中荷物のぐらつきや大渋滞などに悩まされましたが、岩国医療センターのチームと合流し、16時に何とか本部である熊本医療センターに到着することができました。

e0205769_19352992.jpg 熊本医療センターは今回大きな被害を被った熊本城と道を挟んで接していますが、制限はあるものの電気や水道は通常通りであり、基本的な診療機能に問題となることはありませんでした。
e0205769_1939435.jpg宿泊場所として提供していただいた病院内の大講堂にシートをひいて寝袋生活を送りました。

e0205769_19415857.jpg 18日(到着初日)は移動及び活動班の報告を聞いて終了し、19日〜21日は日々避難所を回り、避難所の状況把握及び避難されている方々への声かけや必要な方々への診察といった医療活動を行いました。

 活動内容は熊本医療センターに設置された国立病院機構災害拠点本部で当日の朝8時のカンファレンスで決まり、17時に報告を行い終了するといった形が基本でした。

e0205769_19424257.jpg 19日は東区2箇所、20日は南区9箇所、21日は北区2箇所と計13箇所の避難所を巡りました。
e0205769_19443684.jpg 21日は疲労も重なっている中、土砂降りの雨で、非常に緊迫した形での活動でありましたが、無事に活動を終了し、帰路につきました。
e0205769_1947643.jpg今回の活動で一番良かったことは、全員無事に広島に戻ってくることが出来たことです。食事や生活の面、そして色々な予定変更があり、チームのメンバーには大きな負担がかかっていると感じながらも、最後までみんなで支えあって活動できたことに感謝しています。

 最後になりますが、被災された方々の安全と被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


[PR]
# by kensyui | 2016-05-12 19:50

私の研修1年目 ~昨年を振り返って~

 私の研修1年目 ~昨年を振り返って~

 みなさま、はじめまして & 遅ればせながら明けましておめでとうございます。

 広島西医療センター初期臨床研修医1年目の金本麻裕です!
【「金本先生ってどんな人?」と思ったそこのアナタ 興味があればココをポチッとな byお世話係 新甲】

 初めてのブログ担当ですが、もう一年目も終わりに近づいてまいりましたのでわたしの昨年一年の西医療の思い出について、いくつかお話ししたいと思います。
(国試まであとわずかなので、その話を書けばいいのかもしれませんが昨年の井川先生のブログが素晴らしいので、国試受験生はそちらをご覧ください!去年のわたし同様、すごく励まされると思います!)

e0205769_1975526.jpg 西医療センターでの研修といえば、これです! 学会発表です!!
 私は1年間で3回、学会発表の機会をいただきました。
 【う~む金本先生は真面目なよゐこじゃのぅ。「学会発表と書いて食べ歩きとしか読めない誰ぞ」とはおー違いじゃ! by新甲】

 国立病院総合医学界(@札幌)では、外科症例を報告させて頂きました(左:指導医の徳永先生、右:金本)。
 長坂先生のブログのとおり、とても楽しく美味しい学会期間でした(o^^o)

 次に11月末に循環器の地方会(@広島)で発表させて頂きました。
 こちらは写真がないのですが、うっかり研修医セッションでなく、一般セッションで申し込んでしまい、ベテランの先生方のなかでぽつんとひよっこが混じりこむ形での発表となってしまいました・・・。

e0205769_19165993.jpg 最後は12月の内科の地方会(@広島)です。
 総合診療科症例の発表でした。
 写真は左から田中先生、金本、総合診療科 中村先生です。
 指導していただいたうえ、広島のお好み焼きを中村先生にごちそうになった研修医ふたりです・・・
 大変美味でした!
【ありぃ? さっき「真面目なよゐこじゃ」と褒めたのに、結局も前も「学会発表と書いて食べ歩きとしか読めない」ヤツの仲間か~い!! by新甲】

 以上、私が参加させて頂いた学会ですが、お分かりのとおりすべて違う科からの発表です。
 研修医の人数が多くないからこそ、いろいろな科の先生が研修医のことを気にかけて下さり、このような発表の機会を与えて頂けます。

 学会の抄録作成に始まり、スライド作成、予行演習、当日の発表、と、上級医の先生をはじめ、たくさんの方々に指導して頂きました。

 研修医のうちに学会に積極的に参加できることは、研修が終わり、専修医となってからも学会発表の機会を与えてもらった際には、絶対にアドバンテージになると思います。

 これは私たちの1年先輩である「泌尿器科専修医 福島先生」をみていて強く感じることで、福島先生も西医療で研修し、2年間でたくさん学会報告をしたからこそ、専修医になってまだ間もない段階で、診療に加え、学会報告もどんどんこなされています。

 わたし以外の研修医1年目も複数回学会報告しており、2年目になってもどんどん経験を重ねて行きたいと思います。

 なんせ、次の国立病院総合医学会は「沖縄!」ですから!


 あとは簡単に・・・。

e0205769_19334316.jpg 西医療センター研修で欠かせないもうひとつの特色は、 地域の先生方との連携が強いことです
 大竹市医師会では、有難いことに、色々な勉強会や研修会に参加させて頂けますが、勉強以外のリクリエーションにも誘って頂けます。

 この写真は大竹市医師会の釣り大会です!
 船で沖へ出て、地域の先生方や西医療の先生たちと一緒に早朝から釣りをしました!
 とっても楽しくて、釣り名人・辻先生の気持ちがわかりました!

e0205769_19371576.jpg こちらは秋の西医療センター祭です。
 研修医はボーリングブースを担当しました!
 運営側の私たちもとっても楽しいお祭りでした(^^)

 ほかにもたくさんありますが、とても長くなってしまったのでこの辺で・・・。

 2年目になったら、後輩となる6人と一緒に、楽しく頑張っていきたいと思います!
[PR]
# by kensyui | 2016-01-21 19:39

「学会発表」と書いて「たべあるき」としか読めない研修医


 「学会発表」と書いて「たべあるき」としか読めない研修医


 毎度おなじみ 研修医お世話係の新甲デス。

 秋といえば医療関係者にとって「学会シーズン」でありマス。
 通常「医療関係の学会」といえば「日本産科婦人科学会」や「日本高血圧学会」のように医師が「特定の診療科」や「特定の疾患」について発表や勉強をする会というイメージを持たれる方が多いと思います。

 ところが当院も所属している「国立病院機構」は、「国立病院機構の職員であれば職種に関係なく誰でも発表ができる」という学会を年に1回開催しており、その名も「国立病院総合医学会」です。

 なにせ全国に143病院を持つ日本最大の病院チェーン店ですので、当然職員の数もとんでもない数になり(ちなみにうちだけで約630人、機構全体では約55000人という結構な大企業デス。)、医師、看護師、コメディカルから事務職まで、ありとあらゆる医療関係のことについて発表する訳です。当然参加者数も多く(5000人から8000人!!)ドデカイ学会です。

 広島西医療センターでは、「研修医1年目、入職して約半年、そろそろ仕事にも慣れて来たころじゃろうから学会発表じゃ~」というわけで、研修医の初めての学会発表は国立病院総合医学会というのが恒例になっています。

 大人数の前で初めて学会発表をする訳ですから研修医は全員緊張して当たり前デス。

 ところが、今年の研修医1年目には「学会発表」と書いて「たべあるき」としか読めないヤツが約1名おります。今回はそんな研修医の学会報告ですが、ナマ温かい目で見てやって下さいマシ。

************************



 はじめまして!
 今回ブログを担当させていただく研修医1年目、食いしん坊の長坂啓司です。

 今回は10月3,4日に札幌で行われました国立病院総合医学会について報告します。

e0205769_14543184.jpg

 10月2日 学会前日 北海道入り

 まず北海道に着いてしたことといえば、空港のロビーで発表原稿のスライドの直しでした。

 【もっと早よから準備しとかんか~い!! by新甲】 
e0205769_14555332.jpg

 新千歳から札幌市内へ移動。

 検査技師の上田さんを交えて時計台の前で研修医集合写真をパシャリ。
e0205769_1458989.jpg

 北海道に着いたら、とりあえず寿司でしょ♪♪

 ということで寿司屋へ。
e0205769_14585562.jpg

 魚にうるさい辻先生もこれには大満足。

 特に鮭の味噌汁は中々美味でした。
e0205769_1501496.jpg

 夜は循環器科中村秀志先生に美味しいと噂の寿司屋へ連れて行っていただきました。

 非常に美味しい海鮮たちに酒もすすみました。

 中村先生ありがとうございました!
e0205769_1522786.jpg

 10月3日 学会初日

 この日、発表のない長坂・辻は学会会場には目もくれず朝から小樽へ。

 小樽市内に残る線路と辻先生。
e0205769_1535428.jpg

 この日も寿司を食い、有名なルタオ本店でケーキを食べ、お土産を買い、札幌に戻りました。
e0205769_155440.jpg

 夜は岩国医療センターの方々と合同飲み会でした。

 やはりここでも田中先生の大胸筋は大人気で、このようにハーレムを築いておりました。

 大盛り上がりで楽しい時間を過ごすことができました。
e0205769_1592291.jpg

 岩国医療センターの先生方ありがとうございました。

 その後は泌尿器科福島先生、外科徳永先生らと合流し、すすきので飲み直しました。

 楽しかったので、次の日発表があるにも関わらず沢山飲んでしまいました。
e0205769_15112426.jpg
 10月4日 学会最終日

 前夜の深酒のせいで胃がもたれるのを気にしながら、朝から学会会場へ。

 指導医である福島先生と合流し発表原稿の最終確認と練習を何度か行い、本番に臨みました。

 何とか無事発表を終えることができました。

 福島先生には発表準備から何から何まで本当にお世話になりました。ありがとうございました。

e0205769_15131525.jpg

 発表後はラーメン屋で昼食。

 さすが、有名店というだけあって、安定感のある美味いラーメンでした。
e0205769_1514022.jpg

 ラーメンの後はスープカレー屋へ。

 みんな、もう食べられない、行かない、とかいうので1人で行ってきました。
e0205769_15145926.jpg

 なんだか食べてばかりのブログになってしまいましたが、全国学会で初めての発表など非常に有意義な経験をさせていただいて、非常に充実した時間をおくれました。
e0205769_15241450.jpg

 来年の国病学会は沖縄です!!

 楽しみです!!

[PR]
# by kensyui | 2015-11-13 15:26

フルマッチ! 来年は1学年6人じゃ~

 フルマッチ! 来年は1学年6人じゃ~


 えー 研修医お世話係の新甲でございます。

 平成27年度の初期臨床研修マッチングが終了し、当院でも平成28年4月からのメンツが確定いたしました。

 6人フルマッチでありマス!!
   ( ̄^ ̄)V


 当院の所在地である広島県「中途半端な都会」というか「ちょっと大きめのイナカ」というか非常に微妙な立ち位置でして、東京・大阪・福岡のように他府県から研修医が流入してくる地域ではないし、かといってどんどん流出していく地域でもないし。。。

 広島県の医学部は広島大学1校のみで、1学年定員が約120人ですが、本年度広島県内の研修指定病院にマッチした学生数は178人。

 ということは広島から他府県に出て行く医学生に比べ、他府県から広島に帰ってくる医学生は結構多そうに見えますが、178人/年(これは過去最高だそうです)という実数が多いかというと、まったく足りていないのが実情だそうです。 人口100万人当たりの研修医数でいうと東京都は100人~110人、広島県は50人程度、全国平均が60人強/100万人で、広島県は全国でも下位らしいです。
 (まあこの状態で文句をゆーとったら、東北や山陰のもっと厳しい状況の県から殴られるカモ?です。)

 「日本の今後の医療」レベルの話から「非常にちっちぇー話」になりますが広島西医療センターの初期臨床研修医定員は一昨年までが3人、昨年が5人、今年が6人と増えております。 (広島県から「人気のある病院は定員を増やしてもらえませんか?」と頼まれたっちゅー訳です) おかげさまで本年度もフルマッチとなりましたが、来年4月までに研修医用の新しい机を買い足さにゃー数が足らんど~

 今回は写真がないんで、今日はこの位で止めときますが、最後に来年のメンツの概要を書いときマス。

 平成28年4月入職予定者
  1. ♀ 山口大学  広島県出身
  2. ♀ 徳島大学  広島県出身
  3. ♂ 福岡大学  広島県出身
  4. ♂ 広島大学  兵庫県出身
  5. ♂ 広島大学  兵庫県出身
  6. ♂ 広島大学  広島県出身


 詳細は来年4月以後に写真付きで公開予定です。
 (* ̄∇ ̄)b♪♪

[PR]
# by kensyui | 2015-11-05 15:51

宮島水中花火大会with 医学生in 院長ご別宅2015

宮島水中花火大会with 医学生in 院長ご別宅2015

 研修医1年目の田中悠登と申します!

 小学校、中学校、高校、大学と青春の大部分を過ごした福岡の地を離れてはや5か月……。指導医の先生方やコメディカルスタッフの皆様に迷惑をかけてばかりですが大竹の地で明るく楽しく研修をさせていただいております。
 【田中先生がどんなヤツか見てみたい方はコチラ by お世話係 しんこー】

 さて、今回は8月11日に開催された『宮島水中花火大会』について書かせていただきます。

 実は私、昨年度の広島西医療センター研修医ブログ『宮島水中花火大会with 医学生in 院長ご別宅』の写真の端っこにもしれっと写ってたりします笑
 【これまたご興味がお有りになる奇特な方はコチラをご覧ください by お世話係 しんこー】

 昨年と大きく違う点は、学生としてではなく西医療センターの研修医として参加させていただいたことです!

 非常に感慨深いものがありますね。

 今年も当院の奥谷院長のご好意で宮島口の高層マンション(院長ご別宅です)に招待していただきました。天候にも恵まれ、宮島を一望できる最高のロケーションも開放していただき、まさに絶好の花火日和でした!

 ご別宅に到着したのが18時頃。まだまだ空は明るく花火の開始までご馳走を囲みコメディカルスタッフの皆様、当院での研修を希望してくれている6年生と病院見学に来てくれた5年生の学生さんたちと賑やかに歓談しました!
e0205769_17301276.jpg
 この日のために浴衣を新調された福島先生をセンターに据え集合写真を1枚!
 いつも周囲を明るく盛り上げてくださる福島先生と今年度のAKB48センターの指原莉乃とダブって見えるような気もしますね。素晴らしいポジショニングだと思います。院長先生の立派なお髭も健在です!ちなみに団扇を持ってはしゃいでいるのが私です。
  
e0205769_1734373.jpg アンデルセンのオードブル(なんと去年よりも更に豪華に!!)と、奥谷院長大先生お手製の特製パスタ (有難さのあまり食べると口が曲がるんじゃなかろうか?!)に舌鼓をうちながらビールを飲み、まさにオ・モ・テ・ナ・シ!のフルコースを堪能させていただきました。

 話と食事に夢中で時間を忘れてしまいましたが、気が付くと時計は19時半に!夜の帳が下りベランダから遊覧船の明かりがぽつぽつと見える光景はとても風流で、花火への期待感がぐんぐんと高まります!

 そして!

 花火大会スタート!!   
e0205769_17423061.jpg
e0205769_17432810.jpg 

 色とりどり花火を眺めるという雅なひととき、これぞ西医療の夏!

 当院が誇る本格派カメラマン、吉松感染対策看護師長が撮られた写真が美しすぎて個人的にもデータをいただいてしまいました笑

 観て、食べて、飲んで、みんなでわいわい盛り上がって!

 楽しい会はあっという間に終わってしまいました。
  
e0205769_1747140.jpg


 お祭りのあとはどうしても淋しさが残りますね。

 帰りの車でいっぱいで道路は大混雑です。


 如何でしょうか?

 院長先生を筆頭に職員さんが温かく、コメディカルの距離が近いことが当院の特色の1つだと思います。


 どうしても文章だけでは伝わらない部分が多いと思いますので、気になった方は是非当院へ見学に来てみてください!

 お待ちしております!

 そして、この度は招待していただき本当にありがとうございました!
 おかげさまで今年の夏の思い出にとても綺麗な1ページができました!


 引き続きしっかりと研修がんばります!
[PR]
# by kensyui | 2015-09-01 17:56


広島の総合病院 【大竹市】
独立行政法人 国立病院機構
広島西医療センター

最新の記事

今年の新人研修医ども
at 2018-06-01 15:37
先輩への感謝を込めて
at 2018-05-31 17:40
今年も「研修医修了式」!
at 2018-05-30 17:09
広島西医療 病院のご近所事情
at 2018-03-23 19:40
同期と新年会 & 広島西研修..
at 2018-01-23 18:25

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月

カテゴリ

記事ランキング

フォロー中のブログ

広島西医療センター公式ブログ

検索

画像一覧