<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

専修医(後期研修医)ブログ LA短期留学 その2


専修医(後期研修医)ブログ LA短期留学 その2【お食事編】


 えー、今回も立て続けにお世話係の新甲デス。

 最後まで残っていた「九州北部」も梅雨明けとなり、全国「千葉県産の落花生」 日本のナッツ・・・ 日本の夏・・・ 
 バンザ~イ!!  \(* ̄∇ ̄)/


 ン~?? 35℃超えの猛暑日にもかかわらず、このヒンヤリした感じはなんじゃ??

 まあオッサンのタワゴトは置いといてっと。


 さて、先日の専修医(後期研修医)ブログ LA短期留学 その1【研修編】に引き続きその2【お食事編】をお届けしようと思っとりマス。

 たかだか3か月弱のLA生活ですので、薄っぺら~い情報ではありますが、日常生活を楽しむことにかけてはお勉強よりはるかに得意な福島先生なので、夏休みにアメリカ旅行しようと思っとられる方には参考になるかもしれません。

 ほいじゃー福島先生 張り切ってドーゾ!


***************************

LA短期留学 その2 【お食事編】

 アメリカでの生活ですが、まあ普通に考えて大事なのは家と食事ですね。
e0205769_18361432.jpg

 ちなみに今回研修に行かせて頂いた病院はLos Angeles郊外、Beverly HillsとSanta Monicaの間にあるVA Greater Los Angeles Healthcare Systemで、国立病院機構本部が契約してくれた宿舎はその病院敷地内にあるゲストハウスでした。

e0205769_18364862.jpg 病院敷地内とは言っても、ここはアメリカ! 敷地自体がとてつもなく広いので宿舎から病院まで徒歩15分!! ゲストハウスとはいえセキュリティー重視でプール付き、ジム付きの2LDK。プールサイドでのサマーパーティーまでありました。

 でも「寝られりゃどこでも一緒じゃん。ヨット部合宿生活6年の福島をナメてもらっちゃー困ります!」という若干野生児系ですので、書くとしたらやはり家より食いモンでしょ?

 というわけで、2回目は【お食事編】です。


 みなさん、アメリカといえば何を思い浮かべますか?ハンバーガーとか肉とかですかね?

 じゃあハンバーガーから行きますか。
e0205769_18461265.jpg ハンバーガーはすごく一般的で、結構な頻度でショップが見つかります。
 4箇所しか食べに行きませんでしたが、どこも美味しかったです。まあ、ジャンキーですが。
 ちなみに、大抵のハンバーガーショップでは飲み物は飲み放題です。不思議なのは飲み放題なのにカップのサイズがS・M・Lとあり、金額が違うところですね。
 S買って何回も取りに行けばいいじゃんと思うのは島国Japaneseの発想?


e0205769_18523255.jpg 他にもメキシカンやステーキなどを外で食べましたが、日本食のお店も結構ありますカリフォルニアロールは衝撃的でしたが、おいしかったです。

e0205769_18564495.jpg 【う~ん 福島先生の原稿に写真はそえてあったが文章中には説明がない。これはシュラスコのよーな。。。 解説byしんこー】

e0205769_18585088.jpg 最高級なのはロブスターでした。lB単位【いわゆるポンド単位ですな。1ポンド=約450g 解説byしんこー】なので、よくわからずロブスターのグリルを頼んだら1匹100ドル以上!!しました(1ドル123円くらい)。

 また、先にも書きましたが、僕は学生時代ヨット部でした。
 偶然ヨット部の先輩である2人の先生が現在ロサンゼルスに留学中で、食事に連れて行ってくださったのですが、ビーチの近くでのシーフードと酒は絶品でした。
 また、別の日にも同じ先生のうちのお一人が再度食事に誘ってくださり日本食を食べに連れて行ってくださいました。 部活の繋がりのありがたさを改めて感じた次第です。

e0205769_19162997.jpg とはいってもロブスターや日本食はあくまで「ハレの日の食事」で、普段はそんなに贅沢をせず、近くのスーパーで野菜と主食になりそうな素材を買って自炊していました。
 安いのであれば、牛肉はステーキが200gくらいで2ドルくらいでした。魚はその4倍はします。 野菜は2ドルも出せは数日使えるようなサイズばかりでした。


 ちなみに、アメリカではほとんどのスーパーにスターバックスコーヒーがあり【そりゃ今回お前が見た範囲内での話じゃろ? アメリカは広いと思うけどの byしんこー】、またファーマシー(薬局)もあります。
 日本と違って処方箋は全部メールで送られますので、近所のファーマシーを登録しておけば、電話で医師に処方を依頼し、薬を手に入れることができるようです。
 こういったことがあるので、【研修編】にも書いたtelemedicineが成り立つわけです。
 患者さんにとっては来院の手間が省け、医師は仕事量が減るわけですね。このようなシステムは日本にも導入していくべきなんじゃないかと思いました。(ちょっと真面目モード。)


e0205769_19324261.jpg 色々食べましたが、お酒が嫌いじゃない僕の最後の話題はやはりビールですね。
 たくさんの種類のビールがあります。
 安いので2ドルくらいから、高いので15ドルくらいのもあり、高いものになればシャンパンみたいなコルクがついています。

 酒は大量に飲みました笑。
 いつのまにか部屋に溜まった空瓶・空缶は大量になって帰国前の片づけが大変でした。


 こんな訳で、旅行とはちょっと違う海外での生活を経験して、度胸だけは付いたような気がします。

 次回(最終回)は皆さんお待ちかね? 【観光編】です。 ご期待ください。 

[PR]
by kensyui | 2015-07-30 19:42

専修医(後期研修医)ブログ LA短期留学 その1

 え~ 台風と猛暑で身体的(「フィジカル」と読んでやって下さい。それに何の意味があるんやっちゅー話ですが『気分ですがな!気分!!』ということで。)に厳しい時期ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょーか?

 相も変わらず研修医お世話係の新甲でありマス。

e0205769_18185234.jpg 「広島西医療センター 研修医ブログ」ですが、今回は若干毛色の変わった内容にしようと思っとります。
 今回から3回にわたって「専修医(後期研修医)ブログ LA短期留学記」を連載する予定デス。

  ちょっと説明&宣伝クサくなるのと、後の記事の内容ともカブるかもしれませんが、それは気にしないっちゅーことで。
 当院も所属している国立病院機構は、北は北海道から南は沖縄まで全国142病院があり、日本最大の病院チェーン店であることは以前にも書いたような気がします。

 日本各地の医学部を卒業後、このチェーン店内で初期臨床研修を受ける医師が年間約400人、2年で約800人の初期臨床研修医が142病院にいることになります。

 彼らは2年間の研修が終了すると、医師として更なるレベルアップをするためにそれぞれが希望する専門科に進む訳ですが、その進路の一つに「国立病院機構専修医(後期研修医)」という道があります。簡単に言うと初期研修に引き続いて国立病院機構内の病院で更に勉強を続けるということです。

 やっと今回のお題に近づいて来ましたワ。

 今回のお題「専修医(後期研修医)短期留学」というのは、国立病院機構が「世界に通用する若手医師を育てる」ために、旅費や滞在費、研修先で必要な研修費まで負担して、専修医(後期研修医)を2~3か月短期留学をさせてくれるっちゅーとんでもなく有難い制度な訳です。

 平成27年3月に当院で2年の初期臨床研修を終えた福島先生は同4月から当院泌尿器科専修医として勉強を始めた訳ですが、生まれ持ったアグレッシブさが顔出して短期留学に応募したところ、本部での面接も「勢いのみ!」で突っ切り、「LAに行ってこーい!!」になった訳です。

 まあめったにない機会をgetした福島先生に関心しましたが、本人がアメリカからメールで「お金出してもらってアメリカへ来させてもろーたんで、せめて後輩研修医や学生さんにこの素晴らしい制度を説明してやりたい。研修医ブログに何か書かせて下さい!」とゆーてきやがりました。

 「何でこんなに素晴らしいことを言うようになったんや? こいつもしかしてアメリカで頭を石にぶつけたか、とっても××なクスリでも???」と思わんでもありませんでしたが、帰国後会うと至って普通。

 あり~?

 といったような訳で前説が長くなりましたが、今回の「専修医ブログ」福島先生本人の文章に突入でありマス。


***************************

LA短期留学 その1 【研修編】

 研修医2年を卒業し、泌尿器科後期研修医1年目となりました福島です。

 今回私は国立病院機構専修医海外留学プログラムを利用して、Los Angeles VA hospitalに研修に行ってきましたので、報告させていただきます。3回に分けて報告する予定です。まずは、研修内容から報告します。

 セキュリティーが厳しかったので写真はあまりありません。
 m(_ _)m


 全国の国立病院機構の専修医の中で書類審査、英語での口頭ディスカッションを経て今年は7人が選ばれ、奇跡的に入ることができました。プログラムとしては、研究ではなく実際の臨床現場の見学をするというのが一般の留学プログラムとは大きく違う点で、また往復の交通費や生活費の一部負担があり、すごくメリットが大きいものです。

 今年度初の研修ということで、情報がほとんどなく、どうしたらいいかよくわからずに渡米しました。まず、入国審査でビザがないのに研修に来たのかと言われ、うまく説明できないまま、別室に通されて尋問されたのはいい経験でした。Sightseeingと言っていいと後で言われ、先に言ってくれればよかったのにとちょっと思いました。

e0205769_1824173.jpg 研修は7週間で、初めの5週間を泌尿器科、残り2週間を緩和ケア科と感染症科を1週間ずつ回らせていただきました。
 泌尿器科では、月・火・金が外来日で、水・木が手術日でした。また、水曜日は早い時は朝6時半から、遅くても7時半からUCLAでカンファレンスがあり、朝から移動するのが大変でした。しかし、朝ご飯を食べながら様々な講義を聞けるというのはアメリカっぽくていい経験でした。また、1年に1回しかない学会もUCLAで開かれ、参加させていただきました。


 基本的にここの病院では夕方4時とか5時には仕事を終了し、みんな帰っていきます。医師の数が多く、泌尿器科だけで20人前後いること、ナースプラクティショナーという人たちが問診を取ったり、簡単な処方をしたりと日本の研修医のような役目を果たしていること、専門の科が日本以上に細分化されていることで仕事量はかなり少ないです。もちろん手術日は違って、遅い時は22時くらいの時もありましたが、アフターファイブは充実していました。

 一番驚いたことは、術後の在院日数が非常に短いことです。みんなバルーン留置したまま自宅に帰ります。そのため、病棟業務はほとんどありませんでした。

e0205769_1836786.jpg 緩和ケア科はこちらでは専門科であり、色々な科からのコンサルトを受けて活動していました。基本的には患者さんの所に行ったり、合同カンファレンスを行ったりすることが多かったです。特に、家族を交えてのカンファレンスでは、電話で行うtelemedicineが印象的でした。
 複数の科のDr.、ソーシャルワーカーが1つの部屋に集まって、電話を取り囲んで電話で家族と今後について相談するというものです。カリフォルニア州だけでも非常に広いため、こういった形の手段も取る必要があるとのことでした。
 また、VA hospital限定みたいですが、DNR(急変時蘇生不要)の意思を表示した人は手に紫色のリストバンドをしていて、何かあった時にみんながわかるように情報共有しているとのことでした。確かにいちいちカルテを開いたり、看護師さんに確認を取ったりしなくてもわかるシステムというのは大事だと思います。

 感染症科では、朝からコンサルトを受けた患者さんのところに行き、昼にカンファレンスをした後、チーム回診を行うという日々でした。木曜日の午後からはHIV外来を見学し、日本では見ないような症例をたくさん見させていただきました。

e0205769_18371629.jpg どの科も皆さん優しく接してくれて、拙い英語を理解してくれました。もちろん、アメリカの免許がないので、診療行為はおろか患者さんに触れることもできませんでしたが、見るということも1つの勉強だと感じました。
 ただ、日本と違って、質問とかやりたいことははっきりと意思表示しないといけないので初めは大変でした。  最後の方は、この資料が欲しいとかこれについて教えて欲しいっていうのを遠慮なく言いましたが笑

 こういった経験をしてみたいという学生さん、初期研修医がいたら、ぜひ国立病院機構、できたら広島西医療センターで初期・後期研修をしてみませんか?
 前例ができたので、次行く人は行きやすいかと思いますよ!!


***************************


P.S.【新甲より皆様に 誤解の無いよう】
 国立病院機構は過去の経緯から『国立』と名前がついていますが、独立行政法人であり『国からの補助金は一切もらっていません』。 平成27年4月より職員も全員『非公務員』されました。
 ということで、今回の福島先生のLA研修に『皆様の血税は一切使われておりません』のでご安心下さい。ww

[PR]
by kensyui | 2015-07-28 18:59


広島の総合病院 【大竹市】
独立行政法人 国立病院機構
広島西医療センター

最新の記事

広島西医療 病院のご近所事情
at 2018-03-23 19:40
同期と新年会 & 広島西研修..
at 2018-01-23 18:25
国立病院総合医学会で発表
at 2017-12-27 17:37
遅ればせながら・・・ 新人紹..
at 2017-07-21 17:09
ロード ~院外研修踏破への道~
at 2017-05-19 19:12

以前の記事

2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月

カテゴリ

記事ランキング

フォロー中のブログ

広島西医療センター公式ブログ

検索

画像一覧